駅弁

f:id:hynm_k_kusano:20160120124350j:plain

 

 

f:id:hynm_k_kusano:20160120124604j:plain

 

 

f:id:hynm_k_kusano:20160120124614j:plain

京都駅で買った六甲山縦走弁当。 コンパクトな器を開けると約8種類のおかずにおにぎりが2個。鮭の焼き物、鶏肉の煮物、タコの柔か煮、甘くないたまご焼き、昆布巻、ゴボウ煮、牛肉のすき焼き風、いかなごくぎ煮、おにぎりは白米と穀物いり。この弁当のポイントは、甘くないたまご焼きとゴボウ煮。関西圏では出汁の効いた甘くないたまご焼きが主流との事。ゴボウ煮は、噛んだ瞬間に口にジュッワっとひろがるごぼうの旨みと薄味付け。基本的にはビールのアテとして成立する少し濃い味付が駅弁の重要なポイント、それだけにこのたまご焼きとゴボウ煮のさっぱりした味付けとジューシ―加減は十分に箸休めになる。また買いたくなる駅弁のひとつ。価格も魅力的。

 

週末に開催した神保町ガラクタ市にお越しいただいた皆様へ、ありがとうございました。 次回は5月頃を予定しています。

Don’t look back.