年越しガラクタ市

f:id:hynm_k_kusano:20170819140612j:plain

今年も年越しガラクタ市™ を開催します。

ヴィンテージウェア、デイリーグッズ、書籍など幅広いジャンルの品々を

新旧問わず御覧いただけます。

出品者のガラクタ(趣味嗜好品)をお楽しみいただければ幸いです。

今回より新たな出品者が加わり、値ごろ感のあるヨーロッパのガラクタを御覧いただけます。

そしてKENNETH FIELD™からは年越しスペシャルとして服袋を用意いたします。

店頭価格で総額30万円~35万円相当を〇万円で販売いたします。

間違いなく、びっくりして頂ける内容をつめこみました。(笑)

サイズ毎にセレクトした青袋は数に限りがありますのでご了承ください。

(vintage itemは含まれておりません)

 

f:id:hynm_k_kusano:20171224125921j:plain

今回は久々にcoffee please の五十嵐さんのハンドドリップコーヒーや角川さんのカレーなど盛りだくさんです。

それでは無料のウェルカムビールにて皆様のご来場をおまちしております。

(ウェルカムビールは無くなり次第終了とさせていただきます)

instagram : kusakenにてガラクタを随時アップ予定。

場所:

千代田区神田神保町1-22 藤井ビル2階

KENNETH FIELD™ SHOWROOM

たら福酒場の2階 目印はベージュのゴム引きコート。

(錦華通り、丸香うどんの近くです)

時間は

12月30日(土)15時~19時閉店予定

12月31日(日)19時~翌1時閉店予定

1月1日(月)10時~18時閉店予定

1月2日(火)10時~17時閉店予定

主催:A.C.Kenfield,LLC

 

今年の年越しガラクタ市は30日からです。。 

 Don’t look back.

ハイテクかローテクか

f:id:hynm_k_kusano:20171214185538j:plain

洋服の仕事に携わっていても、最近は丁度良いものに出会う事が少ないのがアウトドアウェアー(主に外遊びの際に着用するウェアー)。その昔は色んなウェアーを着ては実際にその機能性に満足する事が多かった。とくに雨風、通勤時、釣行時、雪山でも機能素材によって随分と助けられた。今思うと特に通勤は外遊びではないけど、十分に過酷な時間を有する状況下だったように思う。これまで着用したアウトドアウェアーはどれもパターンがよくできていて動作の妨げになる部分が少ないし、ポケットの位置、ジッパーの配置も良く考えられている。水はけ付きのフード部分なんて素晴らしいのひと言。素材開発も毎シーズン進化し、軽量化と機能優先した縫製しないウェアーもあったり。最近は自転車通勤をする事が多く、ストレッチが入ったソフトシェルと呼ばれていた(最近もソフトシェルって呼ぶのかな?)パーカを着用しているけど、これもなかなか調子良い。ここまで褒めちぎったけど、どうしても気になるのはその機能的な生地感と色、配色。これまた昔話になるけどニューヨーク在住の先輩がネイビーブレザーの上にオイルコーティングのフード付きコートを着て雪雨の外出から事務所に戻られた場面にたまたま遭遇した事があった。オイルコートはびちょびちょだったけど、その佇まいが印象的だった。アウトドアではなく街着レベルの話だけどニューヨークの雪雨もなかなかの状況下だと思う、、、オイルコーティングと言えば英国のB社だけど、今はあの感じが気になっている。みんなが嫌なあのベトベトした生地、かと言って機能素材を着ないわけではない。写真は愛用中のターポリン素材のダッフルバッグ。派手な色だけど出張には欠かせない(笑)そんな思いもあり少しずつ自分に丁度良い、自分勝手なウェアーを試作中。そういえば先日の取材がアップされていたのでこちらも是非。これホントに温かい。

Don’t look back.

SIGNS熊本 イベント情報

f:id:hynm_k_kusano:20171127110947p:plain

写真は皆で必ず訪れる八木カレーさん。お目当ては、たまにしかメニューにない『アレ』。お目当て以外もなかなか味わい深くこのエビナスカレーも隠し味とナッツの食感が他では味わえない。昨年はあまりに美味しい八木カレー熱病のせいで2日連続で食した記憶がある。エツノピア状態?もし2日連続で食べてないとしたら、2日連続で食べなかった後悔が間違った記憶をさせているほど、、、、(笑)そんな食も楽しみな熊本でのイベントは今週末に開催。

今回は

tsunokawa farm のdotera down の先行受注会。

pluson shoe supply からは、新型シューズの先行受注会。

amiacalva ではホーウィン社のレザーを使ったカスタムバッグのオーダー会。

Kenneth field™は先日お知らせしたアメリカ製デニムシャツと他では買えない諸々を

用意しました。そしてcoffee please五十嵐さんの淹れるコーヒーとコーヒー豆の販売。

今回はbrooklyn ribbon fries鳥居さんのジンジャーシロップは参加出来ず残念。

各社のwebsiteやSNSより詳しい情報がアップされますのでご確認を。

 

北口さん、泉さん、ショウゴ君

2日間よろしくお願いいたします。

 

イベント日程は

12月2日~3日

場所

Debby 熊本

お問い合わせは

096-327-2345

1961625exblog.jp/

 

Don’t look back.

昔のシャツ

f:id:hynm_k_kusano:20171108104450j:plain

VINTAGE収集家の仲間から購入した90年代頃に作られたアメリカ製シャツ。すでに10年以上の年月が経過しているので、昔のシャツという呼び方で間違っていないはず。(笑)その昔のシャツは8ozから10ozくらいのデニム素材にレザーのショルダーパッチとエルボーパッチ、そして何とも言い難いやや大振りのラウンド型でマチ付きパッチアンドフラップポケット、襟はやや小振りに作られていた。サイドシームや前立てはダブルステッチで縫製されているのに大振りなパッチアンドフラップポケットと小振りな襟はシングルステッチというアンバランスさがたまらない。ややゆったりとしたシルエットに色落ちしたデニムの色とマーブル調のベージュのボタンが絵に描いたような90s仕様。ラルフローレンやラヒューン?なんかのデニムBDもこんな色落ちしてたなあ、、この辺りの服のお話は増田海治郎さんの著書『渋カジが、わたしを作った。』に詳しく解説されているので興味のある方は書店へ。

そんなアンバランスな昔のシャツに惹かれてしまうのが悪い癖で、色々とNY在住の先輩に確認したところ、“当時はラルフローレンのパターン(型紙)をベースに作ったアメリカ製衣料がまだ多かったので、このシャツもきっとその型紙をアレンジして作ったのかもね。。。。”というコメント。

そんなアンバランスな加減をトッピングしたKFアメリカ製のデニムシャツを12月2日熊本のイベントにて販売します。皆がHIPだと話題にする以前に存在したPORTLAND OREGONのブランド。織ネームの“日常からの脱出”が泣かせる。

 

イベント日程は

12月2日~3日

場所

Debby 熊本

お問い合わせは

096-327-2345

www.1961625exblog.jp/

 

 

Don’t look back.

OUTFITTERS by KF @赤坂蚤の市

f:id:hynm_k_kusano:20171121081543j:plain

皆さんの冬になると手放せないアイテムは?

自分が11月頃から年明けの2月頃まで着用しているのが、ややオーバーサイズのライニング(裏地)付きミリタリートラウザー。表生地のツイルとオリーブドラブと呼ばれる色、裏地のウール混素材の程よい厚みとブラウンカーキ色、この表生地と裏地のコンビネーションが保温性をキープしてくれる。股上はかなり深く、ベルトで締め上げて着用する完全なハイウエストシルエット、おかげでお腹も冷えずに済んでいる。(笑)やたらと大きいコインポケットも実用的だし、厚手の生成りツイル地で作られたポケット袋布がまたたまらなく良い。弊社ショールームの床はコンクリート剥き出しの為、冬場の足元からの冷え対策には無くてはならないのがこのトラウザー。そんな冬にしか重宝されない保温性の高いミリタリートラウザーやアウターを販売します。少し変わったミリタリーアイテムもあります。

OUTFITTERS by KF @赤坂蚤の市

『OLIVEと、、、』

11月26日(日)の明日開催。

赤坂アークカラヤン広場

11時から17時まで

Don’t look back.